メンバー

メンバー紹介トップ画像
メンバー紹介トップ画像
片桐 大輔プロフィール写真

特任教授
片桐 大輔(KATAGIRI Daisuke)

千葉大学大学院医学薬学府博士課程修了(薬学博士)。(独)日本学術振興会特別研究員として薬学研究に従事したのち、NEDOフェローとして、研究成果の実用化業務を遂行。その後、大学発スタートアップの起業・経営、大学系VCでの投資担当職の道を歩み、2022年1月より現職に至る。第12回(平成26年度)産学官連携功労者表彰 経済産業大臣賞。

相樂 岳プロフィール写真

特任研究員
相樂 岳(SAGARA Gaku)

千葉大学工学部都市環境システム学科卒。卒業後、ソフトウェア・プログラマーを経て、千葉市に勤務。その後、千葉大学ベンチャービジネスラボラトリーに入職、 2022年にIMO特任研究員となり現在に至る。入職以来一貫してアントレプレナーシップ教育、大学発スタートアップ支援に携わっている。

小牧 瞳プロフィール写真

アシスタント・リサーチ・アドミニストレータ 
小牧 瞳(KOMAKI Hitomi)

千葉大学大学院人文公共学府博士後期課程3年。専門は教育方法学。探究的な学習や産官学連携による起業家教育の授業デザインといったテーマについて、実践的に研究している。

アシスタント・リサーチ・アドミニストレータ
古池 伶美(FURUIKE Remi)

千葉大学大学院人文公共学府博士後期課程1年。専門は教育方法学。学校におけるいじめ問題の研究に加えて、アントレプレナーシップ教育にも取り組んでい る。

アシスタント・リサーチ・アドミニストレータ制度
千葉大学IMO スタートアップ・ラボでは、スタートアップ支援やアントレプレナーシップ教育に取り組む博士学生を「アシスタント・リサーチ・アドミニストレータ」として受け入れています。小牧さん、古池さんは人文公共学府博士後期課程の3年生、1年生で教育方法学や教育工学、これからの時代に必要とされる授業実践開発を対象に研究を進める傍ら、研究フォーカスがアントレプレナーシップ教育に直結するため、研究の実践の場の一つとして、スタートアップ・ラボの活動に参画しています。